中部部会
中部部会のブログはこちら
...
  • 2022年度の部会活動
    2022年度 第1回例会
    ・日時 2021年12月4日(土)14:00~16:10(理事・幹事会13:00~13:50)
    ・場所:遠隔方式(ZOOMによるオンライン例会)
    ・報告:(報告40分、質疑応答15分、敬称略)
     (1)川崎 綾子(名古屋大学非常勤講師)
     「組織間関係の段階的強化と信頼―ジャスコ合併における牽引企業のリスク受容戦略―」
     (2)小谷 健一郎(千葉商科大学商経学部)
      「アパレル物流加工企業の経営発展-岐阜・㈱簑島刺繍を事例として-」
    2022年度 第2回例会
    日時 2022年4月23日(土)14:00~15:10(理事・幹事会13:00~13:50)
    ・場所:遠隔方式(ZOOMによるオンライン例会)
    ・報告:(報告40分、質疑応答15分)
     (1)小谷 健一郎(千葉商科大学商経学部)
      「アパレル産地のおける中小企業ネットワーク -岐阜・F社を事例として-」
    2022年度 第3回例会
    日時 2022年7月9日(土)14:00~15:10(理事・幹事会13:00~13:50)
    ・場所:遠隔方式(ZOOMによるオンライン例会)
    ・報告:(報告45分、質疑応答15分)
     (1)日隈 美朱(富山大学)
      「海苔産業における共販制度の定着-九州有明海地区を事例に-」
  • 2021年度の部会活動
    第1回中部部会 2021年度公開シンポジウム
    〇公開シンポジウム「明治・欧化時代の商店」
    ・日時:2021年3月6日(土曜日)
    ・時間:13時~16時
    ・開催方法:ZOOMによるオンライン配信
      (ZoomのURLなどは後日特設サイト等にて告知します。)
    ・定員:100名

    ※参加を希望される方は、3月4日(木)までに以下の申込フォームのリンクからお申し込みください。

    〇シンポジウム内容
    欧米商品の流入と欧風文化の受容が盛んであった明治中期に,愛知県下のおもに小売・流通面ではどのような変化が起きていたのかを検討する内容となっております。なお、詳細は以下の開催概要をご覧ください。

    〇主要報告
    ・報告1 ― 森靖雄(愛知東邦大学地域創造研究所顧問)
          「絵図で見る名古屋・尾張各地の実情」
    ・報告2 ― 堀江登志実(岡崎美術博物館学芸員)
          「絵図で見る東・西三河各地の実情」
    ・報告3 ― 末田智樹(中部大学人文学部教授)
          「近代地方都市の商店街における商店の開業年間とその比較」

    2021年度 第2回例会
    ・日時 2021年7月10日(土)14:00~16:10(理事・幹事会13:00~13:50)
    ・場所 遠隔方式(ZOOMによるオンライン例会)参加者数:11名
    ・報告
    (1)日隈美朱(名古屋経済大学)
    「水産物流通の形成-海苔産業における検査員制度と等級付けを事例にして-」
    (2)小谷健一郎(千葉商科大学)
    「アパレル縫製加工企業の経営発展-岐阜・オールウィン株式会社を事例として-」
    2021年度 第3回例会
    ・日時 2021年9月25日(土)14:00~15:10(理事・幹事会13:00~13:50)
    ・場所 遠隔方式(ZOOMによるオンライン例会)
    ・報告
    (1)森 靖雄(愛知東邦大学地域創造研究所顧問)
    「第2次大戦下の日本における生活物資配給制度の実態」


...