九州部会

2012年度の部会活動

第1回

日時:2012年4月21日(土)午後1時~
場所:中村学園大学

研究会報告
(1)山本久義(九州産業大学)
「 「道の駅」研究-繁栄のメカニズムと地域への影響力-」

(2)中川 隆(別府大学)
「牛肉流通の国際化と地域ブランド化」

(3)秋吉 浩志(九州情報大学)
「ネットワークの外部性について」

*なお理事会は12時より開催します。
 昼食は事務局で準備いたします(費用は各自負担となります)。

部会長の所感
 日本流通学会九州部会は、商業・流通・マーケティング系と、農業・水産業系の研究者による混成形態になっています。前者に属する研究者も後者に属する研究者も皆、それぞれご自分の領域・系統の専門家で、その分野に関する非常に深い学識をお持ちです。
 九州は農業・水産業が相対的に盛んな地域であるため、上記両系統の学問が融合した当研究会は極めて有意義な>ものとなっています。現にこの九州部会の研究報告を聞いていますと、お互いに、研究の視点や分析手法等に関する>ブレイクスルーが得られ、各自ともご自分の研究に、更なる深みと広がりが出てくるのが実感できていると思います。
 今回の部会は、2012年4月14日、福岡市の中村学園大学で開催されました。開催準備を、超ご多忙の>甲斐 諭 学長がなさったこともあり、30名弱の会員が参加して、非常に賑やかで和やかな雰囲気の部会となりました。しかも素晴らしい内容の研究報告と、活発で建設的な質疑応答が展開され、極めて価値ある研究報告会となりました。部会を代表しまして、甲斐教授、部会理事、部会事務局、発表者、ならびにご参加の会員の皆様に改めて御礼申し上げます。
 次回の九州部会は今秋、佐賀大学で開催されることが決まりました。その開催を会員の皆様が全員、>今から楽しみにされていることと存じます。
 また秋にお会いしましょう。

日本流通学会 九州部会長
九州産業大学 商学部
山本 久義

第2回

日時:2012年10月13日(土)午後1時~
場所:佐賀大学 本庄キャンパス 「菱の実会館」多目的室(キャンパスマップ)
(会場が、いつも行われる会場ではございません。詳しくはキャンパスマップをご覧ください。)

研究会報告
(1)任 非(ニンヒ)氏(九州産業大学 大学院経済ビジネス研究科博士後期課程)
「中国市場における消費者行動特性と地元総合スーパーのマーケティング戦略」

(2)高森俊明(九州大学大学院生物資源環境科学府)・森高正博(九州大学大学院農学研究院)
 ・福田晋(九州大学大学院農学研究院)
「下関フグに対する消費者のブランド・ベネフィット」

(3)林 勝裕(保健医療経営大学)
「伊万里焼きの窯元にみられるマーケティング戦略 -A社の事例を中心に-」 

*なお理事会は12時より開催します。
 昼食は事務局で準備いたします(費用は各自負担となります)。


**開催後の部会長の所感**

 日本流通学会九州部会は、平成24年度第2回目の部会を、10月13日、佐賀大学で開催した。
 研究報告者と報告テーマは上記のとおりであった。
 参加者は18名であったが、各報告の後の「質疑応答」も極めて活発に行われ、賑やかで、かつ有意義な研究報告会となった。
 今回の会場設営者、佐賀大学農学部の白武義治先生と、お手伝いをされた佐賀大学の院生の皆さん、お疲れ様でした。

日本流通学会 九州部会長
九州産業大学 商学部
山本 久義