関東甲信越部会

2008年度の部会活動

【第1回】

日時:2007年12月15日(土) 14時00分~17時00分
会場:明治大学リバティタワー1135教室
共通テーマ:生協法改正と生協の課題
報告1:番場博之氏(千葉商科大学)「生協をめぐる問題と生協法の改正」
報告2:西村一郎氏(生協総研)「生協における店舗事業の現状と課題」
モデレーター:大石芳裕氏(明治大学)

【第2回】

日時:2008年3月8日(土) 14時00分~17時00分
会場:中央大学駿河台記念館580号室
共通テーマ:現代の消費者問題
報告1:水原博子氏(日本消費者連盟)「消費者側からみた最近の流通諸問題について」
報告2:姉歯 曉氏(駒澤大学)「日米経済関係と日本の食料問題」
司会兼コーディネーター:岩下 弘氏(駒澤大学)

【第3回】

日時:2008年7月19日(土) 13時00分~17時30分
場所:中央大学後楽園キャンパス6号館6421号教室

<若手研究報告>13:00~14:00
報告者:石川実令氏(中央大学商学部非常勤講師)「インテグレーターとグローバル・ロジスティクス・システム
                                 ―戦略展開と寡占体制―」
司会:原田 将氏(静岡産業大学)

<通常の研究報告>14:15~17:30
統一テーマ:現代流通の理論課題
報告1:佐久間英俊氏(中央大学)「現代流通研究の方法に関する一考察 -『商業資本排除の傾向』の再検討―」
報告2:江上 哲氏(日本大学)「卸商業部門の変動要因分析」
コーディネーター:江上 哲氏(日本大学)&部会事務局
司会:木立真直氏(中央大学)

【第4回】

日時:2008年10月4日(土)14時20分~17時20分
会場:明治大学駿河台キャンパス・研究棟2階第9会議室

共通テーマ:流通史をめぐる諸問題
報告1:若林幸男氏(明治大学)「流通事業所雇用システムの変遷
―丁稚奉公制から通勤給料制、そして派遣社員システムへ ―」
報告2:白戸伸一氏(明治大学)「戦前期商業に関する諸統計の検討」
司会兼コーディネータ:番場博之氏(駒澤大学)