関東甲信越部会

2007年度の部会活動

【第1回】

日時:2006年11月25日(土)14時00分-17時00分
会場:日本大学経済学部(水道橋)校舎3号館4階会議室
共通テーマ:「海外の小売業」
報告1:野崎俊一氏((財)日本総合研究所)「英国食品小売業の上位集中化現象と仕入れ先の軋轢と課題」
報告2:小原 博氏(拓殖大学)「アメリカにおけるディスカウント・ストアの盛衰過程」
コーディネーター&司会者:番場博之氏(千葉商科大学)

【第2回】

日時:2007年3月10日(土)14時00分-17時00分
会場:日本大学経済学部(水道橋)校舎3号館4階会議室
共通テーマ:「ブランド論の再構築」
コーディネーター&司会者:江上 哲氏(日本大学)
報告1:中西大輔氏(日本大学大学院生)「偶有的ブランド論の再検討」
報告2:原田 将氏(静岡産業大学)「Aakerのブランド論再検討」

【第3回】

日時:2007年6月16日(土)14時00分-17時20分
会場:中央大学後楽園キャンパス1225号室
共通テーマ:「改正まちづくり三法の評価と展望」
報告者とテーマ:
報告1:長坂泰之氏(中小企業基盤整備機構)「中心市街地活性化に向けた全
国各地の対応状況と今後の展望~日英の比較研究を含めて~」
報告2:福田 敦氏(関東学院大学)「日本型商業まちづくり政策推進に向け
た課題~コンパクトシティ構想への期待と限界~」
コーディネーター&司会者:井上真里氏(日本大学)

【第4回】

日時:2007年9月1日(土) 14時00分?17時00分
会場:東京農工大学農学部・府中キャンパス2号館1階・多目的教室
共通テーマ:野菜流通における加工・業務用野菜の位置づけと課題
司会:野見山敏雄氏(東京農工大学)
報告1:小林茂典氏(農林水産政策研究所)「野菜の用途別需要の動向と課題」
報告2:種市豊氏(農協流通研究所,東京農工大学大学院生)「加工・業務用野菜の取引実態と産地マーケティング」
コメンテーター:木立真直(中央大学)

【第5回】(イギリス流通経済研究会と共催)

日時:2007年9月14日(土)13時30分?17時00分
場所:日本大学経済学部7号館会議室3
共通テーマ:「地理学と流通、イギリスと日本の流通研究」
解題と司会:番場博之氏(千葉商科大学)
報告1:伊東 理氏(関西大学)「イギリスにおける小売商業の地域政策の展開と地域小売商業の動向?
                     1990年代中葉意向を中心に?」
報告2:岩間信之氏(茨城キリスト教大学)「日英地方都市におけるフードデザート問題」