関東甲信越部会

2018年度の部会活動

関東甲信越部会のブログ(ご案内)はこちら


【第1回】

日時:2017年12月16日(土) 14時~17時00分
会場:駒澤大学第2研究館209教室

座長:番場博之(駒澤大学)
第1報告(14:10-15:00)
報告者: 古川裕康(淑徳大学)
テーマ: グローバル・マーケティングにおけるブランド・コンセプトの役割
コメンテータ: 江上 哲(日本大学)
第2報告(15:10-16:00)
報告者: 松井邦憲(コスモスベリーズ)
テーマ: マーケティングにおけるマーチャンダイジングの役割-日本家電市場の事例
コメンテータ: 福田 敦(関東学院大学)
第3報告(16:10-17:00)
報告者: 鍾 淑玲(東京工業大学)
テーマ: 日本型コンビニの埋め込み―経済的活動と社会的活動の両面から

コメンテータ: 野崎俊一(立教大学)

なお,終了後、懇親会を開催いたします。下記のサイトよりお申し込みください。
http://kokucheese.com/event/index/493056/
申込の締め切りは、12月9日です。
参加費は、4000-5000円程度の予定で、人数に応じて大学周辺で会場を手配いたします。

【第2回】

日時:2018年3月10日(土) 14時~17時00分
会場:立教大学池袋キャンパス本館2階(1204教室)

テーマ:小売業
コーディネータ:野崎俊一(立教大学)
(報告30分・質疑応答20分)
第1報告(14:00-15:00)
報告者:中見真也(学習院大学経済経営研究所・客員研究員)
テーマ: 「価値共創型小売業(ヤオコー、ハローデイ)における小売イノベーションの方向性に関する一考察」
モデレータ:斎藤明(実践女子大学)
第2報告(15:00-16:00)
報告者:河田賢一(常葉大学経営学部)
テーマ: 「コンビニエンスストアチェーン本部の高収益性(仮)」
モデレータ 調整中
第3報告(16:00-17:00)
報告者: 岩間信之(茨城キリスト教大学文学部)
テーマ: 「食料品充足度調査を用いた食料品店の品揃えと高齢者の買い物環境評価-地方都市および過疎地域の事例」

モデレータ:野見山敏雄(東京農工大学)

なお,終了後、懇親会を開催いたします。懇親会への参加を希望される方のみ、下記のサイトよりお申し込みください。
報告者・コメンテータ・理事・幹事の方も、懇親会にご参加の場合には上記より申し込みをお願いいたします。
http://kokucheese.com/event/index/503873/
申込の締め切りは、3月1日です。
参加費は、5000-6000円程度の予定です。